近頃、いろいろ厳しまってますが、何とかなります。だいじょうぶ、理屈じゃないんです!byスレッジ・ハマー


by inazuma-jiro
カレンダー

<   2007年 07月 ( 28 )   > この月の画像一覧

7-31

今日は7月最後の日。明日から8月。関係ないが、この間、通勤時に聞くためにピッチに音楽を落としているのだが、SDカードのファイル制限に引っかかってしまった。500MBぐらいしか使ってないのでこんなはずは無いと思い、いろいろ調べているうちに、取説に音楽転送はウィンドウズメディアプレイヤーを使いなさい。直接放り込んではだめですよと書いてあった。早速使ってみたらうまくいった。ここまではよかった。しかしその後がいけなかった。音楽データの入っているHDをメディアプレイヤーとつないだら、なんか読み込んでくる。ジャケ写を取り込んでいるようで、これはいいとか思っていた。今日また曲を追加しようとしたら、そのフォルダーが空っぽである。すげー動揺したが、ちゃんと曲はきけるのである。調べてみると、アーティスト>アルバム>曲順であったフォルダーが、めちゃくちゃになっている。どうもアーティストごとにフォルダーを造っているようだが、そうでないのもある。ともかくめちゃくちゃなのである。一番被害を被ったのはオムニバスである。見事にアーティストごとにフォルダー作成されている。なにかでフォルダーをいじられるとは読んだことがあったが、これはキョーレツである。アーティストを覚えていないワールドミュージックはもう検索不能である。もっとよくしてー。
[PR]
by inazuma-jiro | 2007-07-31 19:55 | ざつな日記

7-30

今日は大雨。そうそう面白いことも無いので今日も音楽ネタ。今日はErykah Badu。Blues Brothers2000でその存在を知り、ずっと探していたが、エリカ・ブードゥーで探していたので見つかるはずも無かった。最近になってやっとそれに気づき、無事購入できたのである。正直言ってどの曲も大好きである。みんな同じ曲に聞こえてしまいがちな曲調ながら、ちゃんと1曲1曲に個性があってよいのである。曲も良いけど、ルックスもキュートで好感の持てる茶目っ気がまた良い。8月にはあと3枚来る予定である。東海道線で『いぇ~お~いぇ~お~♪』と口ずさんでいるオッサンがいたらきっと私である。
[PR]
by inazuma-jiro | 2007-07-30 19:05 | 音楽映画ゴクマレニプロレス

7-29

今日もやる気が出ない今日この頃。そういう時は音楽ネタ。
誰にしようかと思ったけれどマーク・ノップラー(Dire Straits)がいい。曲はMoney For Nohing。当時PVも話題になったが、一番は前奏のギターである。はや弾きとか超天才的なプレーではないがかっこいいのである。ジャッジャ~ジャカジャ♪カジャカジャカジャカジャ♪という部分(これじゃわからないね)を聴くと背中がゾクゾクする。う~ん渋いというのかなんと言うのかそういうかっこよさにしびれるのである。
[PR]
by inazuma-jiro | 2007-07-29 16:20 | 音楽映画ゴクマレニプロレス

7-22

タイガーとちびがいなくなって1ヶ月くらい。人間の忘れるという能力はすばらしいと思う。悲しいことも忘れられるのである。昨日富士のほうで仲良くなった猫がいた。通勤で歩いていると小さな黒猫がいた。ゆっくり近づくいた。特に警戒していない。手を差し出すとあま噛みでは無くあま引っかきをしてきた。すこしじゃらして写真を撮った。最初はカメラ目線だったが、とる寸前で横向かれた。でもあまり仲良くなってもいなくなったときショックなのでこれくらいにしといたほうがよいかな。
c0094645_18531788.jpg

[PR]
by inazuma-jiro | 2007-07-22 18:53 |

7-17

最後に1個忘れていたので追記。モバイルノートだけにACアダプターは小さいが電源コードがぶっとい。伊勢うどんくらいの太さなのでモバイラーな人はこのコードで卒倒するかもしれない。
[PR]
by inazuma-jiro | 2007-07-17 21:29 | マウスコンピュータ使い勝手

7-16-2

今日は海の日だっけ?世間はお休み、うちの会社は出勤日。でもゴールデンウィーク、夏休み、正月休みがガッツリ多いので問題ないのだ。
朝書いていたので書かなくても良かったのだけれども、書きたいので書く方向。今日はミュージックプレイヤーや携帯の音楽について。つかそのメモリー容量についてである。私はPHS使用者だが音楽が聴ける。携帯使う人には当たり前でも、ピッチではすごいのです!そして外部メモリーは音楽菊からと2GBを使っている。今まではお気に入りだけ登録していたので50MBくらいだったけれども、あまりに使用する量がすくなくってもう少し増やしてみようと、あまり聞かなかったものなどを中心に曲数を増やしたら1.2GBくらいになった。そのとき目を疑った。総再生時間20時間・・・・・・まじでっか。片道1時間くらいの通勤では聞ききれない。そしてふと思った。i-podとかは、ナノとかで8Gb、ほんちゃんものだと60GBとか言っている。単純計算でいくと20時間×60GB≒1200時間となる。絶対聞ききれない。つくづくi-podを買わなくて良かったと思う。
 ついでに書いとくと先日見て感動したインドネシアの舞踏で、昔インドネシア音楽も買ったけど物足りなくってあまり聞き込まなかったなぁと思い1曲放り込んでみた。そして聞いてみてびっくりあのときの音楽ではないか!感動が再び脳裏をよぎる。多少ロックックチックにアレンジされているが同じ曲である。題名は『Dar Der Dor』アルバムはTHE Rough Guide To The Music Of Indonesia』である。持ってて良かったと思った。
[PR]
by inazuma-jiro | 2007-07-16 19:35 | 音楽映画ゴクマレニプロレス

7-16

俺はついに朝のへべれけ状態から脱出する方法を編み出した。というほどすごいものではないが、どうするのかというと『時間差薬服用』である。何のことは無いが薬の利きの長いものから早く飲んでいくというものである。デジレルを夕方6:30ころのみ、風呂に入る前にグッドミン。グッドミンは抜けが早いと先生は言うが、結構朝まで残るのである。この30分後には眠さではなくめまい感がするので、そこで残りの薬を飲み歯を磨きだす。眠さが頂点に達し、かろうじて口をゆすぎ、床について5分ぐらいで睡眠。で3:30くらい起床。この方法を試したらことのほか寝起きの気分が良い。今日っからこの飲み方で行こう。
[PR]
by inazuma-jiro | 2007-07-16 03:53 | ざつな日記

7-15

外部のトラックバックが復活したとたん、エロトラックバックの嵐。
さて、私の六郎ことLuvBook i1210NX-Wのことを今日もひとつ。本来、このクラスだとモバイル向けになるのだろうけども、まったく持ち歩いてはいない。病気をしてから基本的には外出NGなのとウィニー問題で仕事に個人PCを使うのにうるさくなったからだ。今マウスコンピュータのHPで重さを見てきたが、2.06kgだそうだ。持った感じは1.8kgくらいな気がするけど、気のせいだろう。バッテリーの駆動時間は2時間というから実働1時間くらいなんだろう。想像で申し訳ないが。あとキーボードやパームレストがあまり熱くならない。これは今まで使った中で一番である。ただ常にファンが回っており、左側の排気口からはちょっと熱めの風が吹き出している。下手に静音を狙って必要なときにファンをまわすより、こちらのほうが良い。熱いときだけ回るファンは動き出すと違和感を感じるが、常に回っていればさほど違和感も無い。また、個人的にはかなり静かなファンだと思う。起動のとき以外はまったく気にならない。あと12.1インチワイドの画面は10インチくらいの文字サイズになるので持ち歩かなければ15.4インチとかの方がよかったかなとも思っている。大体の感想は書いたのであとは六郎がどこまでがんばってくれるかである。後、2011年の地デジ化対策をどうするかである。
[PR]
by inazuma-jiro | 2007-07-15 19:07 | マウスコンピュータ使い勝手

7-14

よく考えたら昨日は13日の金曜日。
タイガーとチビはまったくいなくなってしまった。多分誰かに連れて行ってもらったのだろう。むちゃくちゃ人気あったからなぁ。いい人に飼ってもらっているといいなぁ。
[PR]
by inazuma-jiro | 2007-07-14 18:20 |

7-13-2

朝の意味不明な文章からの続きである。しかし直すのも惜しくなるような誤字である。デジレルという薬を飲み始めてから朝はこんな感じである。
朝書こうと思った紫陽花のけんである。この間知り合いのいけばなの先生と立ち話をしたのだが今年は紫陽花があまり咲いていませんねといったところ、ちょっとこっちにいらっしゃいといわれついていくと先生が葉っぱをよけて見せてくれた。みんな通り掛りの人が持っていってしまうのとのこと。確かに茎がはさみで切ってあったり、ねじ切ってある。プロに言わせると素人の切り方でこれだと次の花が咲かないそうである。どう切るか教えてくれそうだったのだが長くなりそうなのでお茶を濁して脱出した。この先生はいい人だが年配なので話がくどめなのだ。やはり梅雨の季節に咲く紫陽花はきれいだし、じめじめした感じをやわらげてくれるような花である。嫌いな人もいるかもしれないが、たいていの人が好きである。もって帰りたい気持ちもわかる。でも丸裸の紫陽花もどうかと思う。なぜその場で鑑賞したらどうかと思うのだが・・・・あたしはその場でしばらく鑑賞し満足したら、ブログ用に写真を撮るような感じである。その場に咲いている花の美しさを楽しんではどうかと提案したいのだけれども、これも自己中なのかもしれない。
[PR]
by inazuma-jiro | 2007-07-13 19:23 | ざつな日記