近頃、いろいろ厳しまってますが、何とかなります。だいじょうぶ、理屈じゃないんです!byスレッジ・ハマー


by inazuma-jiro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2007年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

11/16

パソコンつくりテー
[PR]
by inazuma-jiro | 2007-11-16 05:46 | パソコンほか

11/13

すげーよ、また新しいガンダムやってるよ。まるでブルーザ・ブロディと戦っているA.猪木のようだ。
[PR]
by inazuma-jiro | 2007-11-13 19:14 | ざつな日記

11/11

女子バレーが始まっていた。
今日見たら、大山が復活していた。考えるといつも私の苦しいときに元気をもらっている気がする。がんばって欲しい。
[PR]
by inazuma-jiro | 2007-11-11 21:05 | ざつな日記

11/10

アンジェラアキって美人だな~
[PR]
by inazuma-jiro | 2007-11-10 14:25 | ざつな日記

11/9

早速、電子辞書を買った。いつも読んでるパソコン雑誌の商品レビューコーナーで私のお気に入りのゆうきまおみちゃんが気にいったといっていたシャープ製のである。実物見て薄い。便利度はこれがはじめての辞書なので判らないが、不満はない。むしろすごくいい。脳トレ機能もついていてやってみたがやっぱり脳トレ系はつまらない。でもこれはすごく気にいった。また武装強化された。今パワードスーツくらいかな?
PW-AT760|生活総合タイプ|電子辞書 パピルス:シャープ
[PR]
by inazuma-jiro | 2007-11-09 20:00 | 私の通常武装

11/7

ログイン画面の模様替えに、有害サイトに飛ばされたと思いあたふたしたりしている今日この頃、緊急事態発生。
 私がこよなく愛する音楽ソフトmusicmuchのトラブルだ。日本で見放され、アメリカでも見放されてしまったソフトである。こんなに使いやすいのに不思議である。sonyもこれをwalkmanにバンドルすれば、いまより10倍売れると思っている。早速脇にそれてしまったが、こっそり買ったミーハーCD(エースワンダー)がなぜかエリカ・バドゥと認識されているので、そこだけ削除して再登録しようとした。ライブラリーから直に消して、もう一度ライブラリーを読み込ませるようにした。2回くらい英語のウィンドが出てきて、1回目はリストだけ消すかデータも一緒に消すかどうする?見たいな事だった。2回目はちょっと判らないが、歴代のmusicmuchがそうだったところを選んでいるのでyesを選択した。しかし、消したはずの曲がまだあるのでまた同じ作業をした。やっぱり2回聞かれた。4回目ぐらいで気がついたのだが、総局数が2万曲を超えた。あわててライブラリーのフォルダーを見てみると、おなじ曲が4曲あった。どうも2番目のウィンドはライブラリーにあるけど追加するか?見たいなコメントだったようだ。ほかのソフトは知らないのでなんともいえないが、musicmuchはこのCDはもうあるとか言ってくれず、何回でも取り込みを許可してくれるのである。そしてお尻に連番つけてちゃんと取った回数分曲を残してくれるのである。やっちまった・・・・・
3箱あるダンボールの1個が終わろうとしていたところで取り直しである。はっきり言って落胆した。

教訓が2つ残った。取り込み時にちゃんと確認をしよう。あてずっぽうではなくちゃんと英語の意味を理解してから操作しよう。

今度は電子辞書が欲しくなってしまった。こまる



あれ、でもよく考えてみると、消したファイルが残っていたのは私のミスかも。。。。
[PR]
by inazuma-jiro | 2007-11-07 20:38 | ざつな日記

11/5

 まだ風邪が抜けきれない今日この頃ですが、今日は私の武装強化についてです。
i-podとitunesを批判しまくったりしているうちにtouchとwalkmanを比較し始め、walkmanの長所とか探しているうちに欲しくなってしまい買いそうになりました。でもsonic stageの使いにくさからどうしても購入ボタンが押せませんでした。いろいろ見ているうちに今度は東芝製のが欲しくなりました。でもなんかレビューの評判が悪いので買えませんでした。そして悶々としているうちに『チャン師範』に出会いました。大体¥6000位で購入しました。
 師範のスペックは2.5インチ液晶、内臓メモリー128MB、200万画素カメラ&動画、SDカードスロット(2GBまで)てな感じです。2.5インチですがどうも2005年発売モデルらしく(時刻がデフォルトで2005年)視野角も狭いし、なんとなく失敗したかな・・・・・まあいいか6000円だしでもnanoの三分の一だな・・・とか微妙に思っていたところ、ふと気がつきました。師範にはAV-INとAV-OUTが装備されているではありませんか!そして判断する限り中国か台湾製(デフォルト言語が中国語、日本語だと微妙に変なところから)とみられました。国が国だけに、コピーガードが効かないのでは?と思い試したところ、コピーガードまったく働きません。DVDから直取り込みOKなのです。付属のAVケーブルも新品にかかわらず接触が悪いですが、ちゃんとコードを曲げる角度で接触する、しないがはっきりしているので問題無しです。高画質のサンプル動画が3分で37Mbなので、1.9ギガだと150分くらいなのでインド映画は無理ですが、普通の映画は1本いけそうです。ただ映画だと病院の待ち時間ぐらいしか見ないのでなんかほかのものを考えなくてはいけません。テレビもニュースとか人との話題についていけるぐらいしか見ないのでこれからかんがえていきます。でもある意味i-podよりすごいのです。だからチャン師範と呼ぶことにしました。

チャン師範の勇姿。でもさかさ
c0094645_19263888.jpg

チャン師範の勇姿その2
c0094645_19265686.jpg

これで私の通勤鞄がまた126g重くなったw
[PR]
by inazuma-jiro | 2007-11-05 19:27 | 私の通常武装

11/4

トラックバックがうっとしいので禁止
鼻水がとまらないよー
[PR]
by inazuma-jiro | 2007-11-04 18:37 | ざつな日記

11/2

唐突ですが、今日は私の外人論です。
昔憧れの国はアメリカ。みんながアメリカの人のように電気製品を持ちたかった。今は多様化していますが、傾向として欧州諸国がその対象の様子。まず、唯一知っているフランス。好きな人はなんだかいろいろこだわっているが、私の印象はとても町が汚い。焼き栗は食い散らかし、犬の糞も放置状態。朝9:00くらいに清掃車が回ってきてはじめて、芸術の国となる。聞いた話だが、一度放置禁止になりそうになったが、清掃業者の大反対にあってそのままになっているとか。正直なところ良くこんな国で平気で生きてられるなというのが私の実感。次にイタリアだが陽気だとか、ラテンのノリとかいいところはあるだろう。しかし私が接したことがあるイタリア人はすっげー短気だ。接した人が少ないのでちょっと自信がないが彼らは短気だった。イギリスについてはジェントルマンの国というイメージが強いが、日本人のジェントルマン像と彼らのがすこし違いがあると思う。彼らはアメリカ人のように真っ赤になって怒りのアピールをしたりしない。会議の席では決して反対の意見を述べない。その代わり、会議が終わって即座に反対意見を発してくる。しかも皮肉付だ。たまに挨拶の握手のときに、気に入らないことがあったときものすごい力で握手をしてきて不満を表す人もいる。スペインは又聞きなのでなんともいえないが、食べ物が美味しくていいらしい。あまり悪く言う人がいないのと、まったく知り合いがいないのでなんともいえない。ドイツ、スウェーデン、ベルギーあたりも不明。
まあ言いたいのは今日本人がだめだだめだと嘆いているが、別に日本だけじゃなくって憧れの国もだめなところは一杯あるので、だめだと集団催眠のように言っているのが良くない。バブルが崩壊して悪い面だけ目立っているが、金使って遊ぶだけが遊びじゃないと分かれたのもバブル期があったからだ。何でも物事は多面性があるのだから、一面からのアプローチを鵜呑みにしてしまうのは自ら大衆に成り下がってしまう発端なので、いい面、悪い面を把握しなくてはならない。

※自信がないが言い切ってます。
[PR]
by inazuma-jiro | 2007-11-02 18:21 | ざつな日記

11/1

今日から11月。今年もあと少し。
そろそろぐだぐだしてるのはやめにしよう。ということで、昨日ちょこっとだけ触れた『琳派』について。10月の初旬に『すごくいいから見てきな』といわれ、ただ券もらって佐野美術館に行ってきました。創設者が誰で、どんな特徴かとかはどうでもいいぐらいに良かった。すごく良かった。鳥、鹿、魚、亀、花がものすごく生き生きと描かれており、今にも飛び出しそうである。久しぶりのカルチャーショックである。ともかくすごい。つまらないと15分ですむのに4時間もいてしまった。それぐらいすごい。2000円位のパンフレットを悩んだ末買ってしまった。それによると、このコレクションは京都の細見美術館のものだそうだ。

ねっとっ上だとリアルさにかけるかも知れにけれど、こんな感じ。さすがに展示物の写真はあまりないようだ。でも、京都に行く機会がある方は一見の価値あり。
京都 細見美術館
[PR]
by inazuma-jiro | 2007-11-01 18:50 | ざつな日記