近頃、いろいろ厳しまってますが、何とかなります。だいじょうぶ、理屈じゃないんです!byスレッジ・ハマー


by inazuma-jiro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

4-13(4-10分)

 どうも最近は書き忘れていた。

今回、初めてカウンセリングを進められた。先生に見放されたようで

とてもショックだった。

私の様子から話は置き換えられていった。

会社のこと、家族のこと、将来のこと いろいろ話したが

どうも、進歩が無い。堂々巡りか、足踏み状態。

自分の努力が足りないのはよくわかっている。

後一歩が踏み出せないというより、踏み出すたびに

失敗して、どこにどう踏み出せばよいか解らない。

今は、息を殺して伏せて、台風が去るのを待つのが

得策のようだ。
[PR]
by inazuma-jiro | 2009-04-13 06:41 | うつとかその通院

11-7

今日は通院の日。
待ち時間は3時間半。風邪を引いたけど、気持ちも落ちなかったので特別相談することが無かった。音楽聴いてうとうとして、ラジニ・カーントのムトゥを見てまた居眠りしてたら順番が来た。予約無しの日だったので最後だと思ってたので大慌てで診察室に行った。待っている人のほうが具合悪そうだったので、10分で済ませようと思ったが、20分くらい掛かってしまった。先生話しすぎ。調子の悪くなさそうな人間は短めでよいと思う。まあそこがいいんだけれど、辛そうな人は早く見てあげて欲しい。
[PR]
by inazuma-jiro | 2008-11-07 23:31 | うつとかその通院

10-10

久々に通院日記を再開。なんとなく馬鹿にされた気分になり、非公開にしてしまったが、やっぱり私がおかしかった。そのときにまた一人友達を失ったが、いまさらしょうがない。ごめん。

まあここの所特別よくもないが、悪くも無いので診察内容もだいたい一緒だったので書かなかったのもあるかな?

今日は一応予約あり。でも予約はまったくあてにならない。私のいく病院は予約無しの人が優先される。正確に言うと、予約無しで具合の悪そうな人。考えてみれば、予約が無いのに病院に来るほどなわけで、非常に当たり前だが、他のうつの人は待つのがいやなので堪えるらしい。でも、予約どおり=短い診療時間となり、私はそっちのほうがいやなので病院は変えないのだ。大体自分の調子がひどかったときは1時間くらい話をしてもらっているのでお互い様なのだ。
 私は待ち時間にはまず、1ヶ月間でいやだったこと、調子悪かったときを思い出す。なるたけ感情をいれずに客観的に伝えようとするので、この時点で解決することも多い。そして、その日聞きたいことをメモり、音楽を聴きながら本を読んだりする。飲み物を用意するのも重要。込んでる日はなるたけ待合室にいない。外でタバコをすったりして待つ。やはり人が多いのはいやなのだ。映画を見たりもする。案外2時間、3時間と時間を取る機会は少ないので割りにうれしい。逆に待ち時間5分とかごくまれにあるけど、すごく損した気分になる。せこいからw。ただ、最高4時間待ちがあったが、ちょっと時間が余りすぎ、いびきをかいて寝てしまったww。

まあ、前置きが長くなったが今日の質問は1つだけ。
相変わらず円谷式いじめを受けており仕事がまったく無いが、それに慣れてしまい、仕事を頼まれると調子が悪くなくてもめんどくさいと感じてしまうのだけどこれでよいか不安になったので聞いてみる。
先生いわく『まあ、そうなってもしょうがないでしょ』との回答に少し安心する。
私的には、これでおしまいでよかったのだが、先生のほうからいろいろ話してもらった。まず、あわてて行動しないこと。気ぜわしくしてると、その必要が無いときも気ぜわしくなってしまう。当然行いが雑になり、失敗の機会が増える。ゆったり行動することと、失敗は繰り返さないことと、そこからマイナス思考にならないことを20分くらい話してもらった。具合の悪そうな人も待っていたのでちょっと申し訳なかったが20分も話してくれたということは、それが私の弱点なんだろうと思い心に留めていくことにした。
今になってつくづくこの病院を選んでよかったと思う。
[PR]
by inazuma-jiro | 2008-10-10 23:17 | うつとかその通院

7-11

最近ふと思った。怒りの感情をコントロールというか出てこないよう心がけていたのだが、もし怒りがなくなってしまったら、人としては良いのか?悪いのか?そしてどんなになってしまうのか想像もつかなかったので、今日病院の先生に聞いてみた。『怒りの感情は抑えることができてもなくなることはない。それどころかありすぎて、押さえるのに苦労している人がほとんどだ』と笑っていった。『ああ、確かにあって困ってるくらいだからなくなりませんね~』と私も笑った。我ながらくだらないことを考えているのだなぁ。
あと、先生の話で面白かったのがひとつ。『怒りという感情表現は、文化が低いほど多く用いられる。たとえば、話し合いによる解決にはあまり怒りはない。しかし、武力衝突などは怒りを伴う。ちょっと面白いと思った。
[PR]
by inazuma-jiro | 2008-07-11 19:25 | うつとかその通院

10-27

病院の備忘録。
人が引くのには原因がある。普段の自分の行いを振り返る必要があり。
相手の言葉の裏を読んで解釈しない。いちいち口に出して確認するのではなく、空気を読む。
相手を納得させる行動は、自分の納得する行動である。自分を表現できる能力も必要。
心配性なところは直す。ほめられようとあれこれしない。感情でぶつかりそうなときは自分が引いたほうが楽。認めていない人の話は聞き流す。
[PR]
by inazuma-jiro | 2007-10-27 19:58 | うつとかその通院

9/30

なんだかあわただしくも無いのに無意味に週末をすごしてしまった。今日は通院の記録。本来は自分用で非公開なんだけれども、ちょっと面白かったので公開してみたりする。
 金曜日は17:00予約だが診察の始まったのは20:00。これで参ってしまう人もいるそうだが私は時間通り終わる診察というのにとても嫌悪感があり、待たされるときもあれば早いときもあるこの病院のやり方が好きだ。時間がかかっても困らないように飲み物、音楽、本と持っているので万全である。
 前置きももっと書きたいけど、本文に入れなくなるのでこれくらいにして、診断はいつもどおり調子はどう?とか普通に進んで5分ぐらいで終わりそうだった。まだ8人くらい待っているので調子が悪くないときはとっとと終わらせるのが世のためである。しかし早かったこともあってちょっと聞いてみたいことを聞いてみた。
『生きている理由』と『自分の存在意義とは何か』そして『なんで死ぬことはいけないことなのか』。先生の目が妖しく光った・・・・・・やばい、好きなネタだ。長くなりそうだ。生きる理由と存在意義は人にとって永遠の課題であり、死ぬときまたは死んでもわからないかもしれない。私(先生)は、自分に正直に生きること、つまり自分の正しいと思うことをして生きていこうと思った。自分にとっての正しいことは生きることにプラスになることと思っている。哲学なら実存主義、科学なら現象学といったところに傾倒しているかもしれない。何で生きているかということは行きたいという気持ちの現われと考えられる。
 なぜ死ぬことがいけないことかは人為的なものであって、自然は万物が生きるようにできている。相互依存である。これを唯一壊しているのは人間で・・・・・と30分以上続いた。死の・・・・はあまりよくわからなかったが、私はいけないことではないと思う。自ら死のうとすることはとても恐ろしく、いざ死のうとしても涙がボロボロ出てきて、死にたくない、死にたくないと叫んでしまうほど怖い。それを自らの意思で行えるのはすごいと思う。ただ自爆テロは別である。あれは権力者の思想操作で死が賞賛されることとしてコーランを捻じ曲げて解釈していると思えるからである。また撮りとめがなくなったが、診察は45分に及び私の後の8人には悪いことをしたなぁと思った。
[PR]
by inazuma-jiro | 2007-09-30 18:21 | うつとかその通院

9/6

金曜日の病院のことを書き忘れていた。
はっきり言ってあまり覚えていないが、仕事に対する思い込みが」激しいところを指摘されたと思った。適当がちょうどいいと言われたはずだ。
[PR]
by inazuma-jiro | 2007-09-06 05:40 | うつとかその通院

8-3

今日は病院。質問2つ
1.昼間のセニラン抜いてから怒りっぽくなった→食間にセニラン2錠追加。自分で調整可
2.相模移動について→楽な職場を選べ
[PR]
by inazuma-jiro | 2007-08-03 20:59 | うつとかその通院

7-8-2

一日遅れてしまったが、7月6日は病院。6月を書き忘れているがしょうがない。
今回は特別調子が悪くないことを報告。あと、掃除機、傘で床をつつく音などが理屈で自分を納得させられなくて困ることを報告。明確なコメントはなし。あと先月から追加になっているデジレルの飲み方で指導をもらう。1錠にしたときのために炭酸リチウム1錠追加(2錠になった)。
[PR]
by inazuma-jiro | 2007-07-08 08:28 | うつとかその通院

zzzzzzz

ダミー
[PR]
by inazuma-jiro | 2007-06-10 20:13 | ざつな日記